Archive for the ‘未分類’ Category

感染対策

木曜日, 3月 10th, 2022

先週末からまん延防止等重点措置がさらに延長されました。

引き続き感染対策を緩めることなく行っていこうと思います。

感染対策として有効といわれているのが、3回目のワクチン接種です。

私のところにも先日、市から案内が届きました。

年度末で業務が多忙ではありますが、予約状況を確認して受けに行きたいと思います。

事務 佐藤

降雪時の運転には注意しましょう

木曜日, 2月 10th, 2022

 

 

雪に不慣れな地域で降雪となった場合の事故率は≪約5倍≫  降雪翌日の事故率も≪約2倍≫

そこで、注意すべきポイント対策をご案内します。

 

 

 

①滑りやすいので、スピードを抑え、車間距離を確保しましょう!!

 [ポイント

   ・積雪路や凍結路は大変滑りやすいため、追突事故などが発生しやすくなります。

   ・急ブレーキやカーブ途中でのブレーキなどはスリップするおそれがあり、大変危険です。

   ・また、凍結路は見分けにくく、スリップして初めて気付くことも少なくありません。

  [ 対策 ]

   ◇積雪路や凍結路を運転する場合、必ずタイヤチェーン等を装着しましょう。

   ◇スピードを抑え、車間距離を十分に確保しましょう。

   ◇「深夜から早朝」「橋の上・トンネル出入口」「日の当たらない場所」など

    路面が凍結しやすい時間帯や場所では特に慎重な運転を心がけましょう。

 

 

②「歩行者との接触」や「もらい事故」に注意しましょう!!

  [ポイント

   ・積雪路では歩行者の歩く速度も遅く、また、雪道に足をとられて転倒することもあります。

   ・雪に不慣れな地域では冬タイヤを装着していない車も多いため、

    「もらい事故」に遭う可能性があります。

   ・他の車が「止まれず」「曲がれず」に停止線やセンターラインをオーバーしてくることもあります。

  [ 対策 ]

   ◇前方を歩行者が横断しているときは、十分にスピードを落としましょう。

   ◇「急な積雪でノーマルタイヤしか用意がない」「雪道の運転に自信がない」

     といった場合には、代替交通機関の利用等を検討しましょう。

 

 

どんなに気を付けていても、事故やケガはいつ発生するか分かりません・・・

もしもの時に備えて、ご自身の契約内容を見直してみても良いかもしれませんね。

保険のご相談はお気軽に弊社までご連絡ください♪

 

 

内務スタッフ 片貝

金曜日, 1月 28th, 2022

群馬県でもコロナが1000人出るなど、かなり数が増えています。
オミクロン株について、感染力がかなり強いとされていることはニュースなどで放映されているため認識していましたが、ここまで急激に拡散するのは私の想像の上を行っていました。


全国的にほとんど感染者がおらず、群馬が全国一位の感染者数と言われた1月上旬の時期からまだそれほどたっていない事に驚いています。

早くコロナが収まる事を願っています。

ニュースなどで、お店の従業員等が感染・濃厚接触者になる事で人手が足りず、休業する店が増えていると出ていました。
どれだけ気を付けていても、感染してしまうときは感染してしまうので、いつ自分たちが同じようにコロナが原因で、休業せざるを得なくなるかは分かりません。
そのような状況になった際にもダメージが最小限になるように、いつもよりも早めに行動する等、備えられることは備えられるようにしていきたいと思っております。

営業 長谷川

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

火曜日, 1月 11th, 2022

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

と、挨拶しておりますが、「あけましておめでとうございます」は、いつまでが、明けましてなのか疑問に思い調べました。

小正月の15日までは、使っても問題ないようです。とはいえ正月ムードが抜けきれない常識知らずな感じはしますが・・・。15日以降の挨拶は「今年もよろしくお願いします。」が良いそうです。

さて、コロナウイルスがまた猛威を振るっており、群馬県の警戒レベルも上がってまいりました。

重い症状にはなりにくいと報道されておりますが、再度気を引き締め、基本的な手洗い・うがい・手指消毒を徹底していきたいと思います。

北栄では、常に初心忘れるべからずの精神で、お客様に真摯に向き合っていきます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

営業担当 泉田

年末年始 休業のお知らせ

土曜日, 12月 25th, 2021

 

 

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、弊社では下記日程にて年末年始休業とさせていただきます。

 

 

【年末年始休業期間】2021年12月29日(水)より2022年1月4日(火)まで

 

 ※2022年1月5日(水)につきましては正午までの営業とさせていただきます。

 

 

時節柄、ご多忙のことと存じます。

くれぐれもお身体にはご自愛くださいませ。

来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。

期間中お客様にはご不便をお掛け致しますが、御理解賜りますようよろしくお願いします。

 

敬具

 

 

◎自動車事故の場合
  TEL 0120-258-365

◎その他の事故の場合
  TEL 0120-258-189

◎事故以外に関するお問い合わせ
  TEL 0120-632-277

年末年始も感染対策を

金曜日, 12月 24th, 2021

12月も終盤になり、年末年始の予定を立てている方もいらっしゃると思います。

1年前と比較すると感染者数も少なく、各地でイベント等も開催され人と会う機会もあると思います。

また、先月より新たな変異株が発見され、日本国内でも海外からの入国者から感染が確認されています。

日本国内での市中感染は確認されていませんが、自分や家族などの身を守るためにも引き続き基本的な感染対策をしていきましょう。

内務スタッフ 佐藤

年末を迎えるに当たっての火災予防、防犯、交通安全アドバイス

水曜日, 11月 24th, 2021

 

 

年末が近づくに従って火災の発生や窃盗、詐欺、ひったくりなどの犯罪も増加します。

また、暮れのあわただしさから事故を起こすケースも多く、十分な注意が必要です。

 

そこで今回はご注意いただきたい内容をまとめましたので、ご一読いただけますと幸いです!

 

〔火災予防〕

  ① 料理中に電話やお客様があった場合、必ず火を消してから対応。

  ② 消火器は目の届くところに。同じ機種で一度は消火実験を。

  ③ 家の周囲に可燃物や石油ポリタンクなど置かない。放火防止のため。

 

〔窃盗、詐欺、ひったくり予防〕

  ① 買い物で留守をする場合、戸締りはもちろん仲のよい隣近所に声をかけて。

  ② 年末は甘い話でお金をだまし取る詐欺が横行します。

    甘い、うまい話には十分注意しましょう。

  ③ 年末に多発するのがひったくりです。銀行やATMから現金を引き出した後、

    狙われやすいので、高齢者一人、夜間一人での引き出しは避けましょう。

    また、買い物の折、自転車やバイクのカゴからバック、財布を

    ひったくられるケースが増えており要注意です。

  ④ 忘年会や打ち上げなどで帰宅が遅くなる場合、夜道の一人歩きは避け、

    タクシーか家族に迎えに来てもらいましょう。特に女性の場合。

 

〔交通事故防止〕

  ① 年末は多くの商店にとって書き入れ時であり、売る側の多忙はもちろん、

    買う側も正月用品買いだめなどで走り回ります。

    特に商店の場合、市場や問屋への仕入れから、荷物の積みおろしなど

    普段と違った忙しさから事故につながるケースがあります。

    体調を整えながら事故防止への気配りも忘れずに。

  ② 急ぐ余り、信号無視、スピード違反、追い越しといった運転から

    事故を起こすケースがあります。

    特に高速道路では悲惨な大事故となることが多く、十分注意しましょう。

 

 

 

内務スタッフ 片貝

おすすめの入浴法

金曜日, 11月 5th, 2021

ここところ、日に日に冬が近づいておりますね。
今年は例年より寒くなるなんて予報も耳にします。

寒い時期は自律神経が乱れやすくなり「疲れがとれない」「眠れない」「やる気が起こらない」等の症状が出やすくなるそうです。
そこで今回は、入浴法についてご紹介したいと思います。

① ぬるめのお湯に長くつかる
副交感神経を優位にするため、心身をリラックスモードにしてくれます。


② お風呂上がりは1時間以内に寝る
成長ホルモンがたくさん出て疲労回復、細胞修復に効果的です。


③ 週に1度は“やや熱め”のお湯に入る
41度ほどのお湯に20分浸かると熱ストレスで体内に“ヒートショックプロテイン70”というタンパク質がつくられ、体内の細胞を保護し病気になりにくくなるといわれています。

是非皆様もお試しくださいませ(^^♪

営業:小林

「食品ロス」を減らす方法 

木曜日, 11月 4th, 2021

本来は食べることができるのに、捨てられてしまう「食品ロス(フードロス)」。農林水産省・環境省による2018年度推計では、日本における年間の食品ロスは約600万トンあり、そのうち約276万トンは家庭から生まれているとされています。

   さらに、京都市の調査(京都市食品ロスゼロプロジェクト)では、1世帯あたりの食品ロスは年間で約6万円にものぼるという試算が出ています。食品ロスを減らすことは、倫理面や環境面だけでなく、家計面でもメリットが大きいといえます。
   食品ロスが生じる主な原因は、食べ残し、賞味・消費期限切れや食品の傷み、皮のむきすぎなど。これらを極力少なくするためのアイデアを紹介します。
  
1.特売品や大容量パックを安易に買わない
   買う予定がなかったのに、「特売」や「お買い得」などのキャッチコピーに引かれてつい買ってしまうと、結局使いきれずに無駄になる可能性があります。大量のまとめ買いも食品ロスを生みやすいので、買い物は数日に1回の頻度がおすすめです。
         買い物をする際は、数日分の献立をざっくりと決めて、献立に必要な食品以外はできるだけ買わないようにすると良いでしょう。空腹時に買い物に行くと余計なものを買いやすくなるため、食事後に買い物に行くこともひとつの手です。

 2.冷蔵庫に食品を詰め込みすぎない
    冷蔵庫にぎっしりと食材を詰め込むと、奥にある食品や重なって下に埋もれた食品が見えにくくなり、消費期限を確認できなかったりその食品自体を見落としたりと、食品ロスが生まれやすくなります。冷蔵庫に入れる食材は7割程度に抑えると、消費期限などの管理がしやすいうえに、冷気の循環もよくなり、冷蔵効率も高まります。

 3.長く保存して使い切る
    家庭から出る食品ロスで最も多いのは野菜です。使い切る前に野菜室で傷んでしまった・・・ということを防ぐためにも、買ったら新鮮なうちに冷凍保存をするといいでしょう。ほとんどの野菜は冷凍することができ、1ヶ月程度の保存が可能です。食べやすい大きさに切り、保存容器などに入れて冷凍しておくと、凍ったまま調理することができて時短にもなります。

4.皮などを捨てずに食べる
    食品ロスは「野菜などの皮のむきすぎ」も原因のひとつとされています。皮をできるだけ薄くむくことも大切ですが、食べられるものはできるだけ食べるようにするといいでしょう。ニンジンの皮、ショウガの皮、ダイコンの皮、ブロッコリーの芯などは、栄養が豊富でおいしく食べることができます。きんぴらや漬物など様々な調理に活用してみましょう。

    できることから少しずつはじめて、地球にも家計にもやさしい食生活を目指してみてください。

営業担当 長谷川

公益財団法人群馬県防犯協会より表彰されました

木曜日, 11月 4th, 2021

多年の地域安全活動の功績が認められ、このたび弊社代表が表彰されました。

今後も弊社は、保険業務だけでなく社会活動の一環として、

「地域の防犯思想の普及」と「安心安全な街づくり」に努めて参ります。