皆さまこんにちは営業の三木です。

 

先日、お休みを頂き保育参観に行ってきました。

子供たちがお昼寝中に親御さん同士で毎回サロンを行っていますが

今回はコーヒーショップで務めているお母様がコーヒーの説明をしてくれたり

救命士のお父様が救急車を呼ぶときの注意点などを教えて頂きとても参考になりました。

中には『蚊に刺された』や『足のマメがつぶれて動けない』といったことで救急車を呼ぶ方がいるようですが消防も『市民サービスの一環なので断ることができない。』との事でした。

 

いざ自分や子供に何かあった場合、気が動転して救急車をよんでしまうかもしれませんが、まずは一呼吸おいて本当に必要なのか、自分でいけるのでないか、タクシーで間に合うのかを判断し緊急時の心得として備えておきたいです。