万が一!?

先日、私の父がガンで手術しました。

問題なく終わりましたが、ガンだと言われときは、それはそれは落ち込み、容易に声が掛けられない有様でした。

家族もどうしたらいいものかと悩みましたが、普段通りに生活しました。

 

いろんな人に心配をかけて、申し訳ないと父は言っていましたが、家族はもちろんそんな風には考えてません。

父は手続きなど、もろもろ自分ではできないことを、母や私がしたことに感謝してくれていていました。

父が言う、その心配かけていることの一つが医療費なのかなとも思っていて、そこを解決するのは、貯金であったり保険なのかなと思います。

 

一つでも患者の方の心配が消えればいいなと思います。

そういった手伝いも保険という形で、私共にお任せください。

 

ガンは万が一ではなく、二分の一だそうです。

 

営業 泉田